料理

十大グルメ

十大グルメ

太湖三白-しらうお

太湖三白-しらうお、太湖のしらうおの形は玉の簪のようであり、骨も腸もないみたい、きめ細かくて、やわらかくて、透明であり、色合いは銀に似ている。しらうおは元が海魚であったが、後で太湖に定住し、繁殖してきた、太湖の貴重な特産物である。しらうおの肉の質はきめ細かくて、栄養も豊かである。

太湖三白――白身魚

太湖三白――白身魚:体は細長くて、側扁であり、骨も鱗も細いが、銀色の光がきらきらと輝いていて、肉の質はきめ細かく、鱗の下の脂肪が多くて、蒸し煮して、非常に美味しいである。

太湖三白-白い蝦:白い蝦

太湖三白-白い蝦:白い蝦は殻が薄くて、肉が柔らかで、味がうまい、口の中に入れると、大変柔らかくて、美味しさがユニークである。

五穀雑穀がスッポンを浸す

蒸しスッポンやスッポンの醤油煮込みをお食べたことがあるだろうが、五穀雑穀と一緒に調理したスッポンは味わったことがあるのか。地元産の粟、ハトムギの仁、小麦、オニバスの実、山芋、椎茸を採用して貴重な雑穀の“野米”とと一緒に濃いかゆを煮込み、南瓜を加え、金黄色に調理し、更に神秘的な調味料を追加し、新鮮さを増して、その後スッポンを骨抜きにして、その中に浸り、暫くの間、一鍋のいい匂いが香っている、滑らかで、もちもちスッポンの雑穀粥がもう出来上がった。食糧のありのままの味もあるし、スッポンの栄養味もあり、また、神秘的な調味料が齎した自然の新鮮な香りもあり、この鍋、まるでスッポン料理を最高峰に達したことまでやり遂げたようである~

雌の米大ケツギョ

油も塩も少ない、もっと健康的なグルメを保証するために、メニューを研磨する時、コックは重湯で魚を煮ることに選ぶ!米、もち米、粟を1:1:0.5の比例で濃い、もちもち重湯を煮込み、塩だけ加え、如何なる他の調味料が加えないで、更に新鮮的なケツギョの薄切れを重湯の中に入れる。テービルに運んでくる時、ポータブルガスストーブの中に重湯がぶつぶつと湯気を噴いていて、そっと一切れの魚を挟みあげ、ちょっとゆすいでから、魚を食べ、スープを飲む…このようなありのままの味は、人をすっかり満足させる。

農家のださい雄鶏

「農家のださい雄鶏」は、香が立ち込めることで、すべての料理の香の中に独自の旗印を掲げる。香の上には、雄鶏は雌鶏に負けるわけではない;口当たりの上には、雌鶏肉の柔らかさとは異なって、雄鶏の肉質は非常にコンパクトで、きめ細かく、歯ごたえがある; その上、蒸しの作り方を採用するため、新鮮な味がすべて鶏肉の中に閉じてしまうので、 口の中に入れて、食べてみると、たいへん新鮮で、美味しくて、豊かな感じをさせる。

パッションフルーツ熟した酔っ払い蟹

酔っ払い蟹を言及すると、第一の反応はきっと生蟹で作り上げたものに違いないと思うだろう。しかし、開元のコックはもう一度その作り方の上に、新機軸を打ち出し、間違いなく、酔っ払い蟹であるが、今度は熟したものである。生食に対して、お客様がいつまでも安心しないことを直面して、お客様に安心して、食べさせるし、また伝統的な「酔っ払い蟹」の風味を守られために、我々はパッションフルーツ熟した酔っ払い蟹を出した!浅いフルーツの香り、濃厚なお酒の香、いずれも太湖蟹のみずみずしさを際立たせ出す。をれを出してから、この料理はすぐその独特な風味で食客の心を捕獲し、それに毎年の蟹の季節にお客様が開元に来た時に「必ず注文するメニュー」となった。

磨砻流玉乳

特色のある有機大豆で新鮮的な豆汁を研磨しだし、たぎりきった後、ラクトンをいれ、 充分に掻き回すと、トウファーになり、その瞬間に溢れだした香は、まるでテーブルの上にいっぱい生花が咲いているようである。調味料の盛り合わせは小エビ、海苔、チリソース、地衣やザーサイがあり、すこし一、二種を追加したり、五味も全部揃っていたりして、茶碗一杯滾りきったトウファーを掬い、口に入るとすぐ溶けることの爽やかさや唇と歯に残した後味は、どう食べてもすべて極めて美味しい。

農家の三宝

この料理は風采が上がらなく、まぶしい外見もないし、秀でる香りもないで、テーブルに運んでくるとすぐかき消される。しかし、肉の円を挟んで、軽く少しずつ咬むと、汁があふれ出し、肉の香が広がり、肉汁を啜りながら、ご飯を一口食べ、それは本当に…瞬間にご情緒は全く移動させられ、話さえも多くしゃべりたくなくなり、もう一つ食べたいとばかりお思わせられる!  このいっぱいの肉汁に浸し込まれた「百葉結」はもともと「豚小腸」で作ったのだ、豚大腸の外皮よりもっとかりかりとし、もっときめ細かくて、歯ごたえももっとあり、味のレベルももっと豊かで、人に深いイメージを残させる。そこで、一口ずつ一つ「百葉結」を食べ、これから蕭郎は赤の他人になる。

醤油煮込みしたウナギの子

ほとんどの人々はウナギを作ると、蒸しのが出来るが、湖仙居のこの旨味はスペアリブと結合し合うために、醤油煮込みの作り方を採用した。新鮮的なうなぎ、ぱりぱりした歯ざわりリブ、また、生臭さを取り除いて、味を引き立てるために、多くの大きなニンニクをいれた。テーブルの上に運んできたばかり、うん~~~どうもいい匂いがする!うなぎもリブも すべて見逃してはいけない、一口ごとに全部ニンニクの香が新鮮的な旨さを際立たせだし、濃い油、赤い醤油の濃厚な味は、どうも人に爽やかにさせる!

太湖魚の頭スープ

太湖魚の頭スープは太滆の多くのホテルにありふれた料理であるが、一品鮮はこの料理の中にお呈してあげるのは「新鮮+火加減」の旨味である。上品な太湖レンギョの頭を土鍋の中に入れ、強火で沸き立ってから、更にとろ火でゆっくりと40分間煮込み、魚肉の栄養や新鮮的なうまさを本当にスープの中に溶け込み、その上、魚肉をみずみずしいが、ドロドロしないことを保証する;柔らくて、滑らかな豆腐を均一のブロックに切り、魚のスープが30分間までに煮込んだ時に入れて、出来上がった後の豆腐は空っぽであるが、かすではない、食べると、とても味がおいしい;新鮮的な黒木くらげは魚スープが出来上がる前の5分間に入れ、食べると、かりかりとして、その上、生ではない。

薫ずる牛の掌

伊香の食客たちは一番「柔さ中に堅く持つ」味――薫ずる牛の掌を味わえる。牛の掌を水でさっと煮ってから、お鍋にいれ、醤油煮込みをし、皿の底によく熱くされた野菜を敷いて、汁をよく収められた牛の掌をいれ、ぼんやりする間、意外にも草原の牛を放牧する画面を見たようである。牛の掌がテーブルに乗せると、濃厚な香を持ってきて、膠質のもちもちさは細かく噛み砕くと、歯ごたえの口当たりがして、その上、噛み砕くほど美味しくなり、噛み砕くほど歯ごたえももっとあり、この二重層の旨味の楽しみは充分にご馳走になり、満足させられる。

激浪魚の大根焼き

太湖の畔には「太湖三白」だけではない、この激浪魚こそ、白身魚に負けない新鮮的な美味しい味がある!みずみずしく、滑らかで、脂も少なくて、きめ細かく、新鮮であり、常州には「びんたを食らわせても放せない」という俗語がある。その語を用いて、あの味を形容すれば、一番適切である。大根を附けて、醤油煮込みをして、大根は魚の新鮮味を吸い取ることで、旨味も幾重にも倍増する。激浪魚の小さな刺が比較的に多いけれども、魚を食べることは、肉を食べることと、くらべものにならない、舌鼓を打つ必要もないではないでしょうか~細かく、ゆっくりと味わうと、もっとその本当の新鮮的な味も獲得できるだろう!

トップ